童顔っていいの?悪いの?


  若くみられるのは嬉しい!でも童顔っていいの?悪いの?

童顔とは?

童顔

アンチエイジング、と言う言葉が定着して、
若さを美徳とする風潮が根付いています。

美魔女、いつまでも変わらない、など、
時間の経過に逆らうことが素晴らしいとされる現在、
童顔はもてはやされているでしょうか。

若く見えることと童顔とは、
若干意味合いが離れてきていることを指摘せねばなりません。

タバコやお酒を購入する際に年齢証明が必要になりました。

童顔の方は、その際に不便な思いをされる方かもしれません。

若く見える、と言う条件の上に、
子どもに見える、と言うものを上乗せした部分に
「童顔」と言う言葉が存在していると言えます。

若く見られる方は、
あくまで大人の中でも若い方、と言う見方をされる方であり、
子ども扱いされる方、と言う意味を含んでいないようです。

つまり、童顔とは。

大人なのに子ども扱いされる外見、
顔のことを言っているのであり、
若さの象徴ではない、と言えそうです。

主に目がパッチリと大きい特徴を持っている顔は、
子どものように見える傾向があります。
かわいらしい印象があるのかも知れません。

いつまでも若くてうらやましい、と言われることもあると思いますが、
意外と本人は、威厳が欲しい、貫禄をつけたい、
と悩んでいらっしゃるのかも知れません。 >




MENU

TOP

童顔の問題点

童顔のメリット

準備中

準備中



Copyright(C) 2010-2014 童顔っていいの?悪いの? All rights reserved.